What’s Hot / What’s Not

Office WaDa blog
 
 
死んでるマーケティングはそもそも生きてもいないマーケティング

「マーケティングは死んだ」って!

マーケティングをマーケティング部しかしていないと、
それはダメです。
P&Gのブランドマネジャーは、担当ブランド育成の責任と説明責任を受け持ち、
マーケティングをする。
そのマーケティングはブランドマネジメントというマーケティング。
これはP&Gが1925年ごろに創り出した仕組み。
以来、時代に沿った新しいアイデア、サービスを取り込みながら生き続けている仕組み。
ブランドマネジメントは、ブランドマネジャーがブランド育成のために必要な戦略を立て、計画をつくって実行する。
マーケティング部だけがするものではなく、会社の全ての部門が、ブランド担当を配置し、
各部から集まったブランド担当者が、ブランドマネジャーをリーダーとして、当該ブランドのためにその専門性を
駆使する。故に、全ての関係者が、自分の担当するブランドのマーケティングを理解していながら、専門分野の実行で寄与する。
この仕組みを持っていれば、マーケティングが死ぬわけがない。
もしマーケティングが死んでいるのなら、それはそもそもマーケティングをしているという幻想の中での死。
| Devil’s Advocate | 23:27 | - | - |
 
+ CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ BOOK
+ BOOK
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
 
このページの先頭へ