What’s Hot / What’s Not

Office WaDa blog
 
 
立命館アジア太平洋大学は多国籍。懐かしい気持ちになりました。

久しぶりに多国籍軍に会いました。懐かしい。

7月30日大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)で講演会と授業をする機会がありました。APUのことはずっと前から知っていましたが、ひょんなことから訪問できることになりました。夏休み前の試験が行われている忙しい時期に行くことになりました。

APUは、外国人学生と日本人学生が共に学ぶ真の国際大学です。授業は同じ科目で日本語と英語で行われているということです。素晴らしいですね。キャンパスツアーでは、至る所で多国籍グループでにぎわっています。ちょっとした外国のキャンパス風景。

まずは、マーケティングのサワリと、ポジショニングの授業に各自の演習と発表。この授業は、日本語で。25名ほどの学生と社会人。数名の外国人。中には、遠方や他大学から参加した方々も。熱心に聞いて、積極的に参加してくれました。90分の授業はあっという間でした。

休憩を挟んで、講演会には、100名ぐらい集まりました。リクエストにより、グローバル人材育成とワーク&ライフバランスの2本立てを英語で。オーディエンスは、実に多国籍。ホントに一生懸命聞いてくれていました。たくさんの良い質問がよせられ、出来るだけ分かってもらえるように答えました。

終了後も、多くの学生が列を作り、質問攻めに。経験者の話に飢えているようでした。日本人の学生も英語で質問してきましたが、外国人学生の方がより積極的でした。

インターナショナルな雰囲気を味わうことが出来、自由を得たような気分でした。

ガンバレ学生!

| キャンパスレポート | 22:25 | - | - |
 
+ CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ BOOK
+ BOOK
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
 
このページの先頭へ