What’s Hot / What’s Not

Office WaDa blog
 
 
住大夫の引退公演を観にいきました。大夫が人形遣を駆り立てて人形が生身に見えてくる不思議。
久しぶりの文楽観劇。
そんなにもファンではないけれど、住大夫が引退興行と言う事で見納めになるので、これは行かねばと。
菅原伝授手習鑑の3段目と4段目。歌舞伎で一応話の筋が分かっているので、ちょっと安心。
劇場は満員。みんな住大夫を聞きにきている。
大夫のよしあしがあるのかどうかもわからないけど、拍手の多さで人気があるかどうかがわかる。
この辺歌舞伎と一緒。

 
住大夫は、少し顔がやせた様にみえた。病気を克服しての復帰の執念がスゴイ。
演じるのは、一場面。桜丸の切腹の場。自然体の声、女を演じても違和感がない。
ソフトで力のある声。引退はもったいない感じ。
大きな拍手が、「住大夫っ」と声がかかる。盛り上がりました。
見られて良かった。

 
大夫が良ければ、人形遣が張り切れるような気がする。
人形が生身の人の様に見える瞬間がある。人形遣が見えなくなる瞬間。
今日も幾場面かあった。

 
浄瑠璃だけが聞ける素浄瑠璃の公演や、若手会、サマーレイトショー、親子のための公演等、新しい事が企画されている。
観劇料が5000円ぐらいで手頃感。若手会は、2100円。もっと見て欲しいという価格です。
もっと文楽を勉強したい気がしました。
| 文楽日記 | 23:42 | - | - |
 
+ CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ BOOK
+ BOOK
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
 
このページの先頭へ