What’s Hot / What’s Not

Office WaDa blog
 
 
神戸学院大学グローバルコミュニケーション学部集中講義最初の2日間終了

神戸学院大学グローバルコミュニケーション学部の集中講義がスタート。

5日間ののうち最初の2日終了。

「地域文化理解」という異文化コミュニケーションに役立つシリーズの一つの授業を受け持つ。
15限を5日間、毎日3限づつ。
私の授業のテーマは、マーケティング/ブランディングの概論を学び、異文化コミュニケーションに応用して
役立ててもらおうという試み。授業自体は、このために書き下ろしたもの。
私自身も初めての試み、多分学生もまさかマーケティングのことを学ぶとはと両者はじめて同士。
およそ100名の一年生。一年生というのは、この学部は2年前に誕生。まだ一年生と2年生のみ。
15限のうち、6人のゲストスピーカーに協力いただいて、それぞれのキャリア、学んだこと、学生へのアドバイスを話す。
最初の2日間終了。
ありがたいことに大学の先生たち、スタッフのサポートをえて、授業は粛々と。
2日間 6限分の出席カードのべ600枚を全て目を通し、学生に主なコメントを紹介する。
そして重要なことにたくさんの質問が寄せられ、それを講義の間にどんどん答えていく。
質問してください(それは授業中にですが)と私がお願いし、質問には可能な限り答えますと約束した。
質問は、講義に触発されて出てくるので、自分ごと。なのでそれに応えることは大切。
質問から私も学ぶことがある。
質問を見て授業の内容を調整していく。
山のように動かない学生を幾人動かせるか。
週末を挟んあと3日やりきります!
| キャンパスレポート | 11:10 | - | - |
 
神戸学院大学で集中講義やります。2月9日~15日

神戸学院大学ポートアイランドキャンパスで、2月9日〜15日週末を除いて5日連続の集中講義をします。

この大学では、一昨年来、ゲスト講師で単発の講義をして来ましたが、非常勤講師として初めての私の授業です。

なので、授業計画は、初おろしです。以前他の大学で教えていましたが、全く違う授業になります。それは、

グローバルコミュニケーション学科の目指すところを考えてテイラーメイドです。

来学期も教える予定ですが、同じことをやるかどうかは未定です。
なので、今回限りの特別集中講義です!

 

毎日3限の授業で、全部で15限です。集中かつ長丁場です。
グローバルコミュニケーション学部の一年生対象の講義です。
講義の内容は、マーケティング基礎みたいなものを学んでもらいながら、自分の来し方、行く末を考えるよすがになるように目指しています。あたかも自分自身がマーケティングの新製品のように考え、どのように製品開発し、自分らいしいブランド化をするマーケティングを学んでもらいます。考え方のツールボックスになるように願っています。
そして、ほぼ毎日素晴らしいゲスト講師が来て、この方々の経験やキャリアがどのように形成されたかの話をしてもらいます。
大学の先生方も聴きに来られます。
若干名ですが、私の直接知り合いの方限定ですが、ご興味のある方は、聴講受け付けます。
info@wadahiroko01.com へご連絡ください。
| キャンパスレポート | 12:39 | - | - |
 
神戸学院大学で教えます Sharing my experiences with students @ Kobe Gakuin University

4月から神戸学院大学グローバルコミュニケーション学部の非常勤講師をしています。

この学部は、2015年4月に新設されて間もない学部で、今学期は1年生と2年生だけです。http://www.kobegakuin.ac.jp/global/course_01.html

 

私の授業は、本来なら毎週なのですが、本年度は集中講義という形で来年2月に予定されています。

その前に12月14日の授業にゲスト講師として登壇します。

新一年生を対象にグローバルコミュニケーション入門という授業の一つです。

私の講義の内容は、リクエストにより、私の会社経験、現在の仕事の経験を通じて、

様々な状況で仕事をすると言う事はどういうこと、外国人同僚とのコミュニケーションの取り方などです。

 

お近くでご興味のある方は、お知らせください。数名でしたら私のゲスト聴講生として、お手配いたします。

| キャンパスレポート | 11:17 | - | - |
 
ポスト講義@名古屋商科大学に想う
昨日、名古屋商科大学日進キャンパスで講義しました。
あいにく名古屋付近の大雪のせいで、新幹線の遅延など、足下が悪い中、学生達も来られなかった人たちがいた様ですが、大勢の学生に集まってもらいました。

学部の垣根を越えた「キャリア形成総合講座」で、毎回様々な分野のゲスト講師による講義です。
担当教授は、商学部長の小野教授です。

講義の内容もさることながら、キャリアという観点から、いろいろな可能性を経験者の話を通して考える事が出来るのはとても良いことです。大学が、外部の人たちをオープンに招き入れ、学生達に紹介するというのは、大学ならでは、学生のならではのチャンスです。

私は元P&G同僚の四方宏明氏と共同でマーケティングについて講義しました。
100分間の授業のうち、80分ほどが講義、20分間の質疑応答。
私はいつも思います。聞いた事を、聞くだけでなく、質問する事で、理解がすすむと思います。
なので、私の講義や講演は、可能な限り質疑応答を含んでいます。

「〇〇の人たちは、おとなしく質問しないので、質疑応答は、勘弁して欲しい」と言われる事がよくあります。しかし、実際私の講義、講演で、質問がでなかった事がないので、「それは残念、全戦全勝なのですが、この地で初めての一敗になるかもですね。でもきっとそういう事はありませんよ」と私はいつも言うのです。
そして、どこへ行っても人々は質問をしてきます。

もちろん小野先生とはこのようなやり取りはありませんでした。
小野先生を含めて、学生達からも沢山の良い質問、深い質問がよせられ、大変嬉しいことでした。
 
| キャンパスレポート | 14:29 | - | - |
 
12月18日名古屋商科大学で講演します!
明日12月18日、名古屋商科大学(http://www.nucba.ac.jp/)商学部にて
「キャリア形成総合講座」で講演します。
商学部小野教授からのリクエストで、マーケティングとそのキャリアについて
話します。特にP&Gの経験が先生にとっても学生にとっても興味のある所です。
今回は、元P&G同僚の四方宏明氏にもお願いして、二人で講演。

題して「すべては消費者のために。P&G流マーケティング」

大寒波の来襲で足下が悪そうですが、大勢の学生の皆さんに会うのと、質問が多く
よせられるのを楽しみにしています。
| キャンパスレポート | 23:23 | - | - |
 
立命館アジア太平洋大学は多国籍。懐かしい気持ちになりました。

久しぶりに多国籍軍に会いました。懐かしい。

7月30日大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)で講演会と授業をする機会がありました。APUのことはずっと前から知っていましたが、ひょんなことから訪問できることになりました。夏休み前の試験が行われている忙しい時期に行くことになりました。

APUは、外国人学生と日本人学生が共に学ぶ真の国際大学です。授業は同じ科目で日本語と英語で行われているということです。素晴らしいですね。キャンパスツアーでは、至る所で多国籍グループでにぎわっています。ちょっとした外国のキャンパス風景。

まずは、マーケティングのサワリと、ポジショニングの授業に各自の演習と発表。この授業は、日本語で。25名ほどの学生と社会人。数名の外国人。中には、遠方や他大学から参加した方々も。熱心に聞いて、積極的に参加してくれました。90分の授業はあっという間でした。

休憩を挟んで、講演会には、100名ぐらい集まりました。リクエストにより、グローバル人材育成とワーク&ライフバランスの2本立てを英語で。オーディエンスは、実に多国籍。ホントに一生懸命聞いてくれていました。たくさんの良い質問がよせられ、出来るだけ分かってもらえるように答えました。

終了後も、多くの学生が列を作り、質問攻めに。経験者の話に飢えているようでした。日本人の学生も英語で質問してきましたが、外国人学生の方がより積極的でした。

インターナショナルな雰囲気を味わうことが出来、自由を得たような気分でした。

ガンバレ学生!

| キャンパスレポート | 22:25 | - | - |
 
What an international setting at APU! I felt like coming home.

I visited Ritsumeikan Asia Pacific University in Beppu of Oita on July 30.  APU has an international environment where both Japanese and multi-national students study together. It was great to see many multi-national groups talking and working together on campus.  I felt like coming home.

The objective of my visit was to give a presentation on global talent development and work & life balance and a class on marketing.

First about the class on marketing.  There were 25 attendants including business people coming from the outside of APU and a few from another university.

Of marketing, I focused on the subject of positioning.  After my short lecture, I had them contemplate on their positioning and everybody made presentation of his/her positioning.  It may have been new and difficult for the fist time to all.  However, they are serious and curious participants doing great.

The second was a presentation at a large room to some 100 students. The audience was international.  As per requested I talked about global talent development and work & life balance in English.  

I saw the students listen and take notes ardently.  The following Q&A session was exciting.  Many questions were asked and I did my best to give them satisfactory answers.  Even after the session was over, there still were a few students lining up in front of me with more questions.  

It was a worthwhile moment for me.  I felt them hungry for practical advice based on real life business experiences.I hope that I was able to have met some of their expectations.

Teaching at APU reminded me of the international environment I had before.  It was refreshing to me and I felt free and good about being on this unique campus.

I thank APU and its students for giving me an valuable experience.

 
| キャンパスレポート | 22:20 | - | - |
 
7月30日大分県別府市のAPUで講演会と授業します。
7月30日 大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学で講演会と、マーケティングの授業をします。

外国人学生が多く学ぶキャンパスということで、リクエストにより、講演会は英語でグローバル人材とワークライフバランスについて話します。ご興味のある方でお近くの方はどうぞ。

マーケティングの授業は、応募により25名です。すでに閉切っています。この授業は日本語です。

On July 30, I am going to talk about Global Talent and Work&Life Balance at APU of Beppu/Oita.   As requested, the lecture will be done in English.  The audience will be multi-national students.  This is great!  

Please come and join us if you are interested and near-by.

Additionally, I will teach Marketing in a small class of about 25 students.  This will be done in Japanese.  I think these 25 participants have been selected.   


| キャンパスレポート | 23:31 | - | - |
 
6月29日成蹊大学で講義します。題して「How to Win As a Late Entrant」
 友人の成蹊大学 山本晶先生のお招きで、競争戦略の授業の一コマで講義します。

皆さん、しっかり経営、マーケティングの勉強されている学生達。

山本先生リクエストにより、後発企業で日本市場でいかにして競争に挑み、成功したかを話します。

昨年も同様の講義をしました。熱心に聞いてもらいました。

講義後のレポート150人分が送られて来て、全てに目を通し、その中にあった質問にも答えてました。

今年もそれが出来るかどうか分かりませんが、熱意ある講義をしますので、熱意あるリアクションを期待しています。

ガンバレ学生。
| キャンパスレポート | 15:01 | - | - |
 
坂井先生のデザ言語ワークショップ最後の授業は学生の発表。審査員として参加。
今日は、坂井さんのデザイン言語ワークショップの最後の授業。学生によるプレゼンテーション。審査員として参加します。通常キャンパスですが、本日は、日本橋高島屋の会議室です。
変則的ですが、すでに決まったこの日に実行するためにスタッフが頑張ってくれました。
どんなプレゼンなのか、楽しみです。
| キャンパスレポート | 09:56 | - | - |
 
+ CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ BOOK
+ BOOK
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
 
このページの先頭へ